スタートレック

旦那様がどうしても観ておきたい、と言うので、観てきました「スタートレック

正直な話、私はスタートレックのことを殆ど何も知りません。
知っていることといえば、エンタープライズという宇宙船があって、カークという艦長がいて、スポックという頑固な(失礼!)宇宙人がいる……という程度です。
トレッキーと呼ばれる方たちがいるほど永く深く愛されていることも知っていましたが、それ故に隔たりというか敷き居の高さを感じてしまい、今まで手が出せなかった、というのもあります。

そんな私ですから、本当に大丈夫なのかなーと一抹の不安を抱えつつ鑑賞してきました。

結論から言えば、そんなものは杞憂に過ぎませんでした。

これまでのシリーズとはちょっとだけ歴史が変わってしまった、所謂パラレルワールドという設定と丁寧に描かれたキャラクターのおかげで、敷き居の高さを感じることなく、すんなりとスタートレックという世界に没入できました。スタッフは相当腐心したのではないでしょうか。

キャラクターの中では、感情を表さない種族でありながら誰よりも人間味溢れるスポックが大変良いかと。
カークはやんちゃ過ぎて手に負えなさ過ぎる……ラストでエンタープライズの艦長になったから、少しは落ち着くのかな?

あと、今どきのSFではあり得ない無茶な設定の数々も(宇宙服だけで大気圏突入ですよ?!)何故か受け入れられるこの不思議。
それはかつて60年代の人々が思い描いた未来予想図を、今どきの技術を使って丁寧に再現しているからだと思います。スタッフのスタートレックに対する愛情と敬意を感じました。

そんなスタートレックですが、既に続編の制作が決まっているとのこと。今から楽しみです。

——

余談ですが、敵の巨大宇宙船を見て「あ、これソヴリンじゃん?」とか思ってしまったのは私だけでいいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です